伝統工法住宅のメリット
日本の風土に最適の木材を生かす
開放的な住まいがつくれる
湿度の調節機能も装備
空気の浄化作用もある
地震に対する免震効果
100年以上の耐久性
化学製品を使わない自然の家
伝統工法住宅のデメリット
暑さに強く、寒さに弱い
工法技術で出来が大きく左右
建築確認の許可申請が難しい
現代工法よりも費用がかかる
都市地帯との相性はいまいち
現代工法との組み合わせが困難
伝統工法に適した木材が少ない

日本古来の木造工法「伝統工法住宅」で家を建てる

ツーバイフォーによる輸入住宅やARC鉄骨による住宅が全盛の今、あえて日本古来の木造工法「伝統工法住宅」で家を建てるという選択肢もあります。

伝統工法というのは、そもそも大工や左官等、日本古来の伝統技術の総称として用いられます。住宅については、梁や柱をベースとし、木材を互いに組み合わせることで骨組みを構成するものです。金物はほとんど使用せず、昔ながらの長ほぞ、込み栓、楔(くさび)だぼなどで固定する場合がほとんどです。

また貫(ぬき)という、柱を貫通する木を用いることで、土壁を塗るための竹が固定されると共に、柱と壁をしっかりつなぐ役割を果たします。こうして梁や柱の木組みと貫、そして土壁で造られたものが「伝統工法住宅」と言えるでしょう。

伝統工法には、日本の気候に適しているというメリットがあります。コストは一般の輸入住宅に比べて割高ですが、耐久性があり、寿命が長いので、二代三代と引き継がれていくことを考えると、間違った選択とも言えません。日本人であれば、スギやヒノキの木の香に心癒されることも多いでしょう。また、畳を敷いた和室をつくれば、極上の癒し空間のできあがりです。

日本古来の木造工法「伝統工法住宅」で家を建てる

伝統工法住宅のメリット

伝統工法住宅のメリットには、どんなものがあるのでしょう。

伝統工法住宅のデメリット

伝統工法住宅のデメリットとは何か、かんがえてみましょう。

日本古来の木造工法「伝統工法住宅」で家を建てましょう

日本古来の木造工法「伝統工法住宅」で家を建てる伝統工法住宅のメリット伝統工法住宅のデメリットサイトマップ